「復縁したい」と元彼に言われたけど、このまま復縁しても大丈夫?

彼から「復縁したい」と言われたら迷ってしまう時もあると思います。

「復縁しても大丈夫なのかな」
「今度こそうまくいくかな」

このようにいろんな心配が生まれるでしょう。

そこで元彼から復縁を申し込まれた時に考えなくてはいけないことをご紹介していきます。

元彼に復縁を申し込まれた時に考えなくてはいけないこと


お別れをしたばかりだと「寂しい」という気持ちもあるでしょう。

しかし、その気持ちから復縁を決めてしまうとあとから後悔してしまうこともあります。

復縁を決めるためにはいくつか考えなくてはいけないことがあります。

元彼に復縁を申し込まれたらこれらを今一度考えてみてください。

寂しい気持ちからじゃない?

お付き合いをしていてずっと一緒にいた人が、いきなりいなくなると寂しさを感じてしまいますよね。

お付き合い中にどんなにマイナスな気持ちを感じていたとしても

喪失感には人間は勝てない時もあります。

ただ、その寂しさを埋めるために復縁を決めてしまうと

・別れの原因が解決されていない
・お互いに成長できていない

こういった問題点が残されているので、

復縁をしても寂しうという気持ちが満たされたら、また彼のマイナスな部分に目がいくようになり

同じ原因でお別れをすることになってしまうかもしれません。

一時の感情を満たすための復縁はお互いにとって良くないことです。

別れた原因は解消されている?

お別れをした理由はカップルによって様々です。

・価値観が合わないと感じた
・気持ちが擦れ違ってしまった
・他の人に気持ちが傾いてしまった
・浮気をされた

このようなものがありますよね。

その別れの原因が解決できてないまま復縁をしてしまうと、必ずまた同じ問題にぶつかります。

「好き」という気持ちだけでは解決できないことはあるものです。

例えば気持ちが擦れ違ってしまったことが原因でお別れをした場合

・なぜ気持ちが擦れ違ってしまったのか
・お互いの気持ちはしっかりと伝えることができたのか
・同じような状況になってしまった時はどうしていくのか

こういったことをしっかりと話し合いましたか?

お別れの原因を解消できないままの復縁は、2人の問題から目を背けてしまっているだけですので

それでは復縁をしても上手くいきませんから、

「なんでお別れをしたのか」
「そのお別れの原因はしっかりと解消されているのか」

この点をしっかりと考えてみてください。

将来はある?

女性はお付き合いの先に結婚を見据えています。

女性の方が

・結婚をして仕事はどうするのか
・出産はどうするのか

このようなことをより現実的に考えていますからね。

逆に男性は将来を見据えるというよりも、現状に目を向けることが多いです。

「今が大事」という感じですね。

これは「一つのことに意識を集中させる」という男性心理が関係しています。

なので今の気持ちを優先させることが多いです。

そういったことも踏まえ

・彼との将来はあるのか?
・将来結婚できるのか?

こういったことまで考えるようにしてみてください。

自分の気持ちをしっかりと伝えることができた?

彼にお別れを告げられてしまった時、とても悲しい気持ちになっていると思います。

その状態で彼の方から復縁を申し込んで来たら

「すぐにでも復縁したい!」

と思うでしょう。

しかし、そこですぐに復縁をしてしまうと彼の気持ちに振り回されてしまっていることになります。

彼が嫌だと思ったからお別れをして、彼がまた付き合いたいと思ったから復縁をして。。

そんなの悲しくありませんか?

お付き合いをする時は2人は対等な関係になります。

それなのに彼の気持ちばかりに振り回されてしまうのは嫌ですよね。

そのままだときっとお付き合いをしても彼の気持ちに振り回されてしまうでしょうし

また彼がマイナスな気持ちになってしまったら、お別れを告げられてしまうかもしれません。

ですから、「悲しい」「寂しい」という気持ちもあると思いますが

自分の気持ちもしっかりと伝えるようにしましょう。

・お付き合い中に感じていたこと
・お別れをした時に感じたこと
・これからどういった関係を築いていきたいのか

こういった自分の気持ちを彼にしっかりと伝えて彼と向き合うんです。

もしここで彼があなたの気持ちと向き合ってくれなかったら、きっと復縁をしてもあなたの気持ちには彼は応えてくれないでしょう。

復縁をする前にしっかりと彼との関係を対等にしましょう。

「悲しい」「寂しい」という気持ちを優先させても、

きっと時間が経つともっと「悲しい」「寂しい」気持ちを感じることになってしまいますよ。

まとめ


いかがでしたか?

元彼に復縁を申し込まれた場合

・自分からお別れを告げた時
・彼に振られてしまった時

この2つの状況でも考えることは変わってくると思います。

しかし、共通して言えるのは

「寂しい」「悲しい」などの気持ちを優先させるのは良くないということです。

しっかりとお別れをした原因を解決させてから、2人の関係を再構築していくことが

その後も別れることのない絆を作っていくことができるようになりますからね。