【実録】再婚したい!子なし女性が婚活でうまくいく理由とその方法!

20歳以上の女性は必ずご確認下さい
<今すぐ>無料であなたの運命を鑑定します

・私の恋愛はどうなるの?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と上手くいくの?


これらの悩みを神言鑑定で解決します。

復縁業界で今注目の神言鑑定で、あなたの恋愛の悩みを最短で叶えるアドバイスをお届けしますので、この機会にぜひご活用ください。
※20歳以上の女性限定です
※結果は24時間以内にわかります

再婚したい!子なしだけど、離婚経験がある女性はどう思われるのかな…?

男性に結婚したいと思わせるには、離婚経験を生かしたアピール方法がたくさんあります。その方法について、ご紹介しますね。

自分が好きになった男性に結婚したいと思ってもらえる事で、「再婚したい」というあなたの思いを叶え、今度こそ幸せになりましょう!

バツイチ子なし女性は婚活でうまくいく!その理由とは?

まずは、バツイチ子なし女性が婚活でうまくいく理由から、見ていきましょう!

バツイチの良さをアピールできる

バツイチの良さをアピールすることができる、ということがあります。

子どもがいるとなると責任が問われるため、相手の男性からすると少し再婚を躊躇してしまう場合もあります。

ですが、子なしなのでそういった心配もありませんし、結婚経験がない方よりも落ち着いていて、女性的な魅力を感じる男性も多いです。

そのため、バツイチということが婚活をするにあたってデメリットにならず、むしろメリットになるということがあります。

そもそも子なしであればあまり離婚暦を気にする人はいない

次に、そもそも子なしであればあまり離婚暦を気にする人がいない、ということもあるんです。

自分に離婚暦があると、つい「バツイチの女なんて、相手してくれる男の人いないだろうな」などと弱気になってしまうかもしれません。

ですがバツイチだからと言って性格が悪いというわけではありませんし、魅力が減ってしまうということもないため、男性からすると実はあまり気にならない部分です。

子どもがいたり、元旦那と何か揉め事があるという場合は別ですが、そうではない限り、バツイチということをあまりデメリットに感じる男性はいません。

一度失敗経験があるため理想が高くない

一度失敗経験があるため、理想が高くないということが挙げられます。

初めての結婚となると、「結婚相手はこれくらいの収入があって毎日家事を手伝ってくれて優しくて…」など、どんどん夢や憧れが膨らむものですよね。

ですが一度離婚を経験していると、あまり結婚生活に対しての憧れを抱かなくなり、現実的なところを見るようになります。

そのため、「収入はこれくらいは欲しいけど、家事はなるべく私が頑張ろう」など、理想を低く保つことで、婚活相手の範囲が広がるんです。

本気で婚活に取り組むことができる

本気で婚活に取り組むことができる、ということも一つの理由です。

結婚経験がないと、なかなか婚活に踏み込めなかったり、「まだ結婚しなくてもいいかな」などと焦りは感じないものです。

ですが一度離婚を経験していると、「私と結婚してくれる相手がいたら、早く捕まえないと」という焦りも感じるため、それだけ真剣に婚活へ取り組むようになります。

その分、多くの男性と出会う機会も増えますし、再婚ができる可能性も広がってきて、婚活がうまくいきやすくなるんです。

失敗経験をプラスに変えることができる

失敗経験をプラスに変えることができる、というのも理由になります。

離婚を経験すると、結婚生活を振り返った時に「あの時はもう少しあぁするべきだった、こう言うべきだった」などと、反省点が見つかります。

その反省点を後悔するのではなく、次の結婚に生かすことができるため、男性に対して優しくなれたり、大きな器で接することができるようになったりするんです。

そうすると、男性としてもあなたと一緒にいる時間が心地良いと感じるようになり、結婚を意識するようになります。

子なしで離婚歴があっても男性に「結婚したい」と思ってもらう方法

次に、子なしで離婚歴があっても、男性に「結婚したい」と思ってもらう方法について、解説していきます!

離婚経験に自信を持つ

再婚したいと思ったらまず、離婚経験があることに自信を持ちましょう。

自信がある女性は魅力的に見えます。

また、離婚経験をネガティブに捉えるのではなく、ポジティブに捉えている様子を見て男性としては「素敵な考え方だな」と感じるんです。

そこで、あなたとの結婚生活を想像した時に「この人と一緒にいれば、困難なことも前向きに乗り越えていけそう」というイメージが湧き、前向きに考えてくれるようになります。

そうなると、子なしということもあり結婚を阻むものもないので、スムーズに話が進んでいくケースが多いです。

反対に、再婚したいと思っていても「でも離婚経験ある人なんて男性は嫌だよね」と自信をなくしてしまうと、なかなか魅力的に感じてもらえません。

結婚をした後の生活も、「暗くなりそう」とマイナスな印象を持たれてしまいます。

離婚原因は解決していると伝える

離婚原因はしっかり解決しているということを、再婚したいと思う男性に伝えましょう。

子なしであっても、結婚をするとなると相手の離婚原因が気になるものです。

そこで、離婚原因が解決していて、もう二度と同じことは繰り返さないという自信がある女性であれば、男性としても「再婚したい」というあなたの思いを受け入れてくれます。

また、離婚原因については表面的なことではなく、根本的な原因解決が大切です。

例えば離婚原因が元旦那の浮気だったとします。
その時、「浮気が原因だったから私は何も悪くない」ではなく、「私が束縛して窮屈な思いをさせてしまった」というところまで見えていることが大事になります。

根本的な原因がわかれば、「今度はそうならないように、自分に自信を持とうと頑張ってるんです」と解決に向けて努力していることを伝えられます。

子持ちでも子なしでも、再婚をするには離婚原因を解決することが必須です。

過去の結婚経験を生かしたアピールをする

過去の結婚経験を生かしたアピールをすると、結婚を意識してもらえるようになります。

結婚経験を生かしたアピールというのは、例えば「家事が得意になった」とか、「節約術を身につけた」など、結婚生活をした経験があるからこそ身についたことです。

そういったことをアピールすると、男性としては「結婚したら家事全般やってもらえそうだな」とメリットを感じてくれ、結婚を前向きに考えてくれるようになります。

そのため、再婚したいと思ったらまずは、「結婚生活で何を学んだんだろう」と考えてみましょう。

また、中には子なしというのがアピールポイントになる男性もいます。

自分の子どもは別としても、子どもとの接し方が苦手な男性にとって、子持ち女性は結婚相手としてなかなか見れないため、子なし女性の方が結婚相手として理想です。

そのため、再婚したいと思う男性のタイプによって、アピールポイントを変えるのも大切です。

再婚はじっくり決めたいと伝える

再婚したいとは言っても、子なしでも再婚はじっくり考えて決めたいという意思を、男性に伝えるようにしましょう。

結婚は人生を大きく左右する決断なので、男性としてはゆっくり考えたいですし、早まった行動をして後悔をしたくはありません。

そのため、相手の女性も急いでいないということがわかれば、落ち着いて結婚を意識してくれるようになるんです。

ですが反対に、再婚したいという気持ちが全面的に出ていたり、子なしということもあって「早くしないと」と焦りを感じさせてしまうケースもあります。

そうすると、男性側としては決断を急かされているような感じがして負担を感じ、「すぐには決められないから、僕じゃない方が良い」と思われてしまうんです。

真剣に結婚について考えてもらうためには、焦らず急がず、ゆっくりと関係を育てていきましょう。

相手の男性を立てる

相手の男性を立てるようにすると、結婚を意識してもらうことができます。

結婚をする上で、男性は「自分の方が優位に立っていたい」という思いがあります。

特に日本人は亭主関白という考え方が今でもあるので、男性としては大きな決断をする時や人前に出た時などは、「自分を立てて欲しい」という気持ちがあるんです。

そのため、結婚をする前から一歩下がって自分を立ててくれる女性を好みますし、「この人と結婚したい」と思うきっかけにもなります。

特に子なし女性の場合はしばらくの相手二人きりの生活になるので、優位に立つことができる生活が想像しやすく、男性としては結婚を前向きに考えやすいです。

そのため、彼の意見は否定しないようにして受け入れたり、手をつないで歩いている時には一歩下がって歩いてみたりと、彼を立ててあげましょう。

バツイチ子なしで婚活がうまくいかないパターン

続いては、バツイチ子なしで婚活がうまくいかなくなってしまう理由を、3つご紹介します。

相手のアラを探してしまう

1つ目は、相手のアラを探してしまう時です。

一度離婚を経験していると、「次の結婚は失敗しないようにしないと」という気持ちから、結婚相手を選ぶ時に慎重になります。

そうすると、ついつい相手の良いところよりもアラを探すようになってしまい、「この人はここがダメ、こっちの人はここが嫌」など、悪いところにばかり意識がいってしまうんです。

慎重になるのは悪いことではありませんが、度が過ぎると結婚のチャンスを逃してしまうこともあるので、注意しましょう。

結婚に対して臆病になってしまう

2つ目は、結婚に対して臆病になってしまう、という状況です。

離婚というのは精神的にも肉体的にもかなりのストレスがかかりますし、心に傷を負ってしまいますよね。

そのため、再婚するためにいざ婚活をしようとしても、「また同じように傷ついたら…」とネガティブに考え、再婚に対して臆病になってしまいます。

そうすると、せっかく良い男性に巡り合えても再婚する気にならず、再婚する機会を逃してしまう、ということになるんです。

自分に自信が持てない

3つ目は、自分に自信が持てないということになります。

離婚をしたことで心も傷ついていますし、「もしかしたらもう私なんかを好きになってくれる人はいないかも」と、自信もなくしてしまいがちです。

自信がないと、婚活に対しても消極的になってしまいますし、良い男性がいても自分からアピールできず、出会う機会も逃してしまいます。

せっかく婚活を頑張っていても、自信がないだけで多くのチャンスを逃してしまうため、再婚の機会を得られなくなってしまう、ということになりかねません。

再婚できました!子なしバツイチ女性の婚活体験談

最後に、子なしバツイチ女性の婚活体験談を、2つお届けします!

「最初は自信がなかったけど…」

(32歳・IT関係)

「私は28歳の時に元旦那と離婚をし、それから2年間ずっと自分に自信が持てずにいました。

離婚の原因が元旦那のモラハラということもあり、かなり言葉の暴力を受けてきたので、心はズタズタの状態だったんです。

そんな私を見兼ねて親友が婚活パーティーに誘ってくれ、初めは渋々参加していました。

でも、たくさんの男性と話していくうちに、まだ私を女性として扱ってくれる人がこんなにいるんだということを実感でき、ちょっとずつ自信がついてきたんです。

そんな時に一人の男性と出会って、その人は元奥さんの浮気が原因で離婚をしたことがあり、お互いに傷を負った同士ということで意気投合しました。

お互いに話していると居心地よくて、3回目のデートの時に彼の方から結婚を前提に付き合ってほしいと言われ、付き合うことになりました。

今では結婚が正式に決まり、もうすぐ身内だけの結婚式を挙げる予定です。

離婚した時のことを考えると本当に辛かったけど、あの経験があったから今の彼に出会えたと思うと、神様に感謝です。」

「あえてバツイチということを隠しませんでした」

(34歳・保険)

「5年間一緒にいた旦那とは、30歳の時に離婚しました。

どちらかに原因があったわけではなく、彼は彼で家庭よりも仕事が優先になっていて、私は私でそんな彼に反抗する形で、家事もろくにせずに遊びまわっていました。

離婚をした後は自分の行動も反省しましたし、なんでもっと話し合うことをしなかったんだろうと、すごく後悔したんです。

なので、次は絶対に同じことを繰り返したくないと思っていました。

婚活を始めた時はあまり離婚原因を離さないようにしていたんですが、そうすると逆に不審に思われてしまったため、もう全部話そうと決めたんです。

それからある男性に出会って、バツイチということも、離婚原因も、すべて話しをしました。

そしたらその人は私の気持ちをすごくわかってくれて、”そうやって一度挫折したんだから、きっと次は良い奥さんになりますね”と言ってくれたんです。

その言葉にキュンとしてしまい、私からアプローチをしました。

半年くらいデートを重ねて、自然な流れで付き合うことになり、今は結婚のことも具体的に話し合っています。

バツイチって誇れることではないですが、彼が言うように挫折を経験して今があるので、無駄なことではなかったのかな、と思えます。」

まとめ

いかがでしたか?

再婚したいと思うと、「自分磨きをしないと!」と思いがちかもしれません。

もちろん大切なことですが、それよりも離婚経験を生かしてアピールしたりと、今の自分に自信を持つということが重要になります。

子なしということもあり、再婚に焦ってしまう気持ちもあるかもしれませんが、焦っても何も良い結果は生まれません。

大事な決断だからこそ、もう同じことは繰り返さないためにも、じっくり考えながら男性にアピールしていきましょう!

20歳以上の女性は必ずご確認下さい
<今すぐ>無料であなたの運命を鑑定します

・私の恋愛はどうなるの?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と上手くいくの?


これらの悩みを神言鑑定で解決します。

復縁業界で今注目の神言鑑定で、あなたの恋愛の悩みを最短で叶えるアドバイスをお届けしますので、この機会にぜひご活用ください。
※20歳以上の女性限定です
※結果は24時間以内にわかります