不倫関係の相手と復縁する方法と可能性8つ

不倫関係の悩みは人に話しづらいものです。

大好きな人だからどうしても復縁したいけれど、「不倫相手と復縁なんてできるのかな?」と不安になったり、誰にも言えずに1人で悩みを抱えていませんか?

一概に不倫といっても「W不倫だった」「相手が既婚者だった」など様々なケースがあります。

今回は、不倫関係が破綻してしまう原因や、復縁の為に必要な手順をまとめました。

この記事を参考に、復縁したい相手の気持ちを取り戻しましょう。

1.別れた理由を冷静に考える

復縁をしたいほど好きな相手ですから、つい感情的になってしまったり、相手に多くを求めてしまうこともあったはずです。

別れてしまった以上、ただ好きな気持ちを伝えるだけでは復縁することは難しいですから、冷静になって状況を分析して、必要な対策を練りましょう。

束縛が激しくて相手を疲弊させた

禁じられた愛だからこそ盛り上がるということもあります。

ですが、行き過ぎると「重たい」「煩わしい」と思われてしまうので、別れるに繋がる大きな理由になります。

特に、相手が既婚者だと、相手の配偶者(奥さんや旦那さん)への嫉妬から強い束縛してしまうケースが多いといえます。

独身者に向けた文章

将来が見えず、通常の恋愛を選んだ

結婚できない相手と付き合うことに疲れてしまったり、「本当に離婚して自分と付き合ってくれるんだろうか」と不安を感じて、普通の恋愛の方を選んでしまうケースです。

嫌いになって別れたわけではありませんが、すでに「結婚できる相手」と付き合ってしまっていると復縁は難しいかも知れません。

不倫がバレて、配偶者を選んだ

不倫相手と別れる理由で最も多いものの一つが、不倫がバレてしまったというものです。

不倫に「スリル」を求めている人も多いので、いざとなったら結婚相手を選ぶケースがほとんどと言えます。

2.ケース別の復縁方法

W不倫だった場合

お互いが既婚者だった場合は、

「結婚相手からはもらえないような刺激が欲しい」
「不倫関係以上のものを求めているわけではない」

と考えている人が多いので、離婚を匂わせたりすることは得策ではありません。

このケースでの復縁のためには

・不倫がバレるリスクが少ないことをアピールする
・他の誰よりも体の相性が合うことを伝える
・不倫以上は望んでいないことを明確にする

こうしたアプローチが大きな鍵になります。

相手が独身で、あなたが既婚だった場合

このケースで相手が抱えやすい不安は「このまま付き合っていて未来はあるんだろうか」というものです。

ですから、今の配偶者と離婚するつもりであることをアピールするのが最も効果的です。

一度別れた以上、言葉だけだと「またはぐらかされるかもしれない」と疑心暗鬼にさせてしまいますので

「実際、もう別居しているし」
「ここまで離婚の話が進んでいるんだ」

と事実と照らし合わせて伝えることができると信憑性が高くなり、相手に復縁を考えてもらえる確率もグンと高くなります。

相手が既婚で、あなたが独身だった場合

このケースで別れてしまったのは、あなたが結婚を迫ったり、未来を求めてしまったからではないでしょうか?

相手は重さを感じている状況ですから、「体の関係だけで満足している」と伝えて、不倫関係を一度フラットな状態に戻しましょう。

そして、体の関係を持ちつつ「独身の異性の影」を見せ、相手に喪失感や焦りを抱かせれば、あなたとの未来に積極的になってくれます。

復縁の可能性が高いケース

ここまで復縁方法について見てきましたが、ここからは復縁できる可能性が高いのはどのようなケースかを見ていきましょう。

相手に子供がいない

相手が既婚者でも、子供がいなければ復縁できる可能性は高くなります。

子供がいる場合、どうしても罪悪感を感じたり、バレた際のリスクを考えてしまうものです。

1つの判断ポイントとして覚えておきましょう。

相手の結婚歴が5年未満

離婚件数が一番多いのは、「魔の期間」とも呼ばれる「結婚5年未満」です。

結婚相手への不満が高まれば、再びあなたとの復縁を考える可能性も高まります。

また、5年以内であれば再婚を見越すなどの選択肢もありますので、結婚期間が長いケースに比べて復縁しやすいと言えます。
(※『厚生労働省平成25年 人口動態統計月報年計概況』の“同居期間別離婚件数の年次推移”より)

職場などで会うことができる

別れた不倫相手と職場が一緒だったり、仕事の関係で会う必要があれば、それだけアピールできる機会が増えます。

相手の気持ちが冷めていなければ、ちょっとしたキッカケですぐに復縁できる可能性もあります。

どちらもまだ未練がある(配偶者に監視されているから会えないだけ)

「相手の配偶者に不倫がバレてしまった」「自分の結婚相手に監視されている」などの理由でやむを得ず別れを選んだ場合は、お互いまだ好きな気持ちが残っていますので、復縁の可能性は大いにあります。

4.不倫がバレる理由

奥さん(もしくは旦那さん)にバレなければ、今でも不倫相手と別れずに続いていたはず、というケースも非常に多いです。
どうしてバレたのかを知らなければ、復縁できたとしてもまたすぐに同じ道を辿ってしまうかも知れません。

フェラやセックス内容に変化があった

急にフェラが上手になったり、テクニックが豊富になっていれば、怪しまれる可能性は高くなります。不倫を怪しまれない為には、普段のパートナーとのセックスでも新しい体位を取り入れるなどの工夫が必要かも知れません。
改善策はこちらで正しいでしょうか?
特に女性の中には「味で浮気したかどうか分かる」という人もいますので充分に注意しましょう。

下着を頻繁に買うようになった。

不倫相手に良い格好をしたくて新しい下着を買うのは珍しいことではありません。

ですが、もしあなたが今まであまり下着にこだわりがなかったり、しばらく新しいものを買っていなかったのであれば怪しまれるのも当然かも知れません。

化粧する日が増える

ちょっとした外出くらいなら化粧をしなかったのに、急に化粧をする日にちが増えたら不倫がバレるのも仕方ありません。

普段からしっかりとメイクをするように心がけるか、いくら楽しみでも力を入れすぎないよう注意が必要です。

急に友人との約束や、習い事に行く日が増える

好きな人ができると、新しいことに挑戦したくなったり、体をシェイプアップするために習い事を始めたくなる人も多いでしょう。

また、急な変化は怪しまれるものですが、特に「人と会う予定」というのは不倫を疑われやすいです。

「同じ人とばかり会っているのも不自然だ」と考えて、色んな人の名前を出すと辻褄が合わなくなったり、リスクが高まる場合もあります。

5.まとめ

今回は、不倫が理由で別れた復縁の流れについてお伝えしました。

裏切り、傷つけてしまったお相手からの信頼を回復するために、すぐにできるものからとりかかりましょう。

「自分が彼の立場だったら?」という視点で見ると、取るべき行動が分かりやすくなるはずです。