復縁の前兆?元カノから連絡が来る7つの理由と対処法

元カノから連絡が来たとき、あなたは「なぜ連絡をして来たのか」まで考えているでしょうか。

「俺のこと思い出してくれたのかも!」と期待した考えがある反面「本当にそうなのかな?」と踏み切れずに元カノがどう思っているのか悩まされますよね。

彼女がどんな理由であなたに連絡をしてきたのかが分からなければ、返事もの仕方にも困ってしまいせっかくのチャンスが無駄になるかもしれません。

この記事では、あなたに元カノから連絡が来たのは復縁の前兆なのかどうかを軸に、考えられる理由7つと、その対処法をご紹介します。

あなたの元カノに当てはまりそうな理由を見つけて、状況にあった対応で復縁を目指しましょう。

1:寂しいから構って欲しいと思っている

女性が別れた男性に連絡してくる理由として、もっとも多いのがこの「優しくしてほしい」「構って欲しい」という自分の欲を満たすための連絡です。

悪く言えば「いいように遊ばれている」とも言えてしまうのですが、良い意味で考えれば「あなたにしか甘えられない」とも言えます。

このどちらに解釈するかは元カノの性格にもよりますが、どちらにも言えるのは今でも元カノにとってあなたは身近な存在だということ。

当然、元カノに警戒されたり距離感があると思われているより、身近な存在と思ってもらった方が復縁を目指す上ではすごく良い状況です。

では、そんな良い状況をどう対処したら復縁につながっていくか対処法を見ていきましょう。

対処法:会うきっかけを作る

元カノが構って欲しくて連絡をしてくるときは、デートの誘いもOKをもらいやすくなります。

彼女は元彼であるあなたに甘えたくなるほど今寂しい状況にあるので、あなたから会うきっかけを作ることでスムーズに会えるよう働きかけましょう。

もちろんいきなり「寂しいの?じゃあ会わない?」なんて誘っても反応はイマイチでしょうから避けた方が無難です。

彼女は甘えたい気持ちがありながらも、それを素直に言えない心境と考えましょう。

あなたも「会いたい」という本音は隠しつつ、何か他に適当な理由や用事を作ってさりげなく元カノをデートに誘ってみてください。

2:自分の連絡をきっかけに今後も連絡し合いたい

自分が何かしたいことや叶えたいことがあるとき、「誰かが叶えてくれたらいいのに」と思うのは誰しも経験があると思います。

それと同じように元恋人から連絡が欲しい時にも「相手から送ってくれればいいのに」と思ったら、まずきっかけとして自分から連絡するということはありがちです。

元カノもそのきっかけとして、勇気をだしてあなたに連絡をしてくれたのかもしれません。

元カノが本当にこの理由で連絡をしてくれたのかを見極めるためには、元カノの連絡の内容を見てみるのが一番です。

「それ、今連絡する必要ある?」「俺に聞く話?」と思う連絡内容だったのなら、元カノはあなたとの関係再開のために勇気を出してくれたと判断できますよ。

対処法:元カノの希望に応えて、今後も気軽に連絡をもらいやすくする

この場合の理想的な対処方法は、元カノからの連絡に優しく対応してあげることです。

もし無意味に見える質問や、答える必要のない内容の連絡だったとしても、優しく対応して安心させてあげましょう。

そうすることで「緊張してたけど普通に話せてよかった」「この調子ならまた連絡できそう」と期待感を持たせることができます。

元カノはもともと「自分が連絡することで元彼(あなた)からも連絡がもらえたらいいな」と思っていたでしょうが、あなたへの連絡が難しいことでないと別れば話は別です。

復縁したいならお互い距離感を感じているよりも気兼ねなく連絡できた方がずっといいですから、その関係づくりをしましょう。

3:あなたへの苛立ちや怒りがなくなった

女性は感情的に物事を判断する傾向があるため、感情が高ぶるとその先のことを考えずに別れの決断を下せるものです。

いわゆる「カッとなった」ということなのですが、女性の場合男性よりも「カッとなる期間」が長く続きます。

そのため、男性からするともう忘れた頃にやっと怒りが収まり、平常運行に戻って何事もなかったかのように連絡してくることもあるのです。

これはあなたが一方的に元カノを振った場合や、逆に別れ際に大喧嘩かなどをして元カノケースに当てはまります。

女性は過去のことを根に持ちやすい人が多いですが、連絡の内容が怒った様子でないのなら、彼女も落ち着きを取り戻したと判断できるでしょう。

対処法:元カノに自分の気持ちを自覚させる

感情的に物事を判断するタイプの女性はその時の感情やテンションで結論を出すので、落ち着いてから「なんであんなこと言っちゃったんだろう」と後悔します。

つまり、元カノはあなたとの別れを後悔している可能性が高いのです。

ただ元カノ本人が後悔を自覚しているケースは少なく、「ひどいこと言っちゃった彼(あなた)の様子が知りたい」という口実で連絡をしてくることでしょう。

そこで、元カノ本人に「私は別れを後悔しているんだ」と自覚させるような対処ができると理想的です。

具体的には、即返事はしない、LINEなら既読にするまでかなり時間を開けることで元カノをモヤモヤさせてみましょう。

4:本当に何か用事があった

元カノからの連絡が、本当にあなたに連絡しないといけない用事だった可能性もあります。

この場合は元カノの伝えたい要件だけでやり取りは短く終わりやすいですし、内容を見れば連絡が必要だったのかが分かりやすいので判断はしやすいでしょう。

本当用事があったとしても、やっぱり別れた相手に連絡をするのは緊張するものですから、元カノなりにいろいろ考えた末でわざわざ連絡をくれたのです。

「ただの用事で連絡してきただけか・・・」と落ち込む必要はありません。

むしろ、今でも頼ってくれているというその信頼を自信に変え、次の対処で復縁につなげていきましょう!

対処法:丁寧な返事で昔のノリを取り戻そう

元カノも元カノで、いくら用事があったとしてもあなたへの連絡に勇気が必要だったわけですから、お互いが気まずいままではせっかくの連絡も続きません。

ですからあなたも元カノと同じように勇気を出し、丁寧な返事を返すことでまずはやり取りを続けましょう。

元カノがしてきた質問への答え方や用事をこなす時のやり取り一つで、元カノがあなたにどんな印象を持つかが決まります。

そのやり取りでお互いが連絡し合うことに慣れていき、付き合っていた頃のようなノリを取り戻すのです。

お互い連絡し合うことに抵抗感がなくなれば自然とコミュニケーションも増え、二人の仲も縮まっていきます。

5:あなたが今もフリーであるかどうかを確認したい

自分と別れた相手が今でもフリーであるかどうかというのは、男性だけではなく女性でも気になるものです。

その現場を確認するためにわざわざ連絡して来た可能性も考えられます。

「新しい恋人を作っていないか不安になるなんて、元カノも多少は未練もってくれてるのかも?」と期待したくなると思いますが、必ずしもそうとは言い切れないので注意してください。

簡単に言ってしまうと、元彼(あなた)が自分(元カノ)より先に幸せになっていると思いたくないし、あわよくばまだ自分を好きでいてくれたらいいなという期待を持っているだけのケースがほとんどです。

ただ、実際に連絡をしてみてあなたとのやりとりが楽しめたようであれば、元カノが復縁を意識する可能性は大いにあります。

対処法:あえて答えを濁す

はっきりと元カノが「新しい彼女できた?」と聞いてくるようであれば、あえて「いる」「いない」とハッキリ答えず濁しましょう。

逆に元カノがハッキリと新しい恋人の有無を聞いてこない場合でも、あなたから「今はフリーだ」と伝わるような表現は避けてください。

なぜなら、あえてハッキリとさせないことで元カノは結論を知りたくてもっとあなたに連絡をしようと思えるようになるからです。

元カノも露骨に「あなたがフリーか知りたい!」とアピールしてくることはまずありません。

でも、無自覚にあなたのことについてあれこれ考えを巡らせ、あなたのことを考える時間が増えるので、あなたは何もせずとも元カノの意識の中に印象付くことができますよ。

6:あなたと復縁したくて連絡して来た


女性は「やる!」と決めたら結構行動的ですから、元カノが復縁を意識してあなたに連絡をよこしてきた可能性もあります!

元カノとヨリを戻すことを考えているのであれば願ってもない連絡の理由ですが、本当に元カノも復縁したがっているのか?を見極めることは大切です。

ハッキリと「復縁したいの!」とアピールする女性もいれば、「何が言いたいの?」と言いたくなるような遠回しで核心をつかない連絡をしてくる女性もいるので注意深く見極めましょう。

ポイントとしては、今回連絡をもらえた以外に元カノの積極性が伺えるようであればかなり脈ありと判断できます。

元カノがあなたのことについてたくさん質問してくるか、妙にやり取りを長続きさせようとしてるかなど、注意深く元カノの連絡の様子を見てみましょう。

対処法:積極的になりすぎないように気をつけよう

元カノがあなたと同じ気持ちであると考えられたら、ついすぐに復縁できるように積極的になりたいと思います。

でも、がっついているように見えると引いてしまう人も多いので、あまり積極的になりすぎないように気をつけてください。

あえて慎重に距離を縮めていくことによって、元カノは付き合っている時よりも若干の冷たさを感じる今の関係に寂しさを覚えます。

しかしその寂しさが「実は私、復縁したいのかも」と復縁を意識させるきっかけになり、長い目で見れば復縁の成功率はこの方法の方が高くなるのです。

自分から元カノへの未練を見せない、連絡をしすぎないなど、うまく元カノとの距離のバランスを保ちましょう。

7:友達として接したいと思っている

hand-1549399_960_720.jpg

恋愛感情はなく、あくまでも友達として連絡して来たケースも考えられます。

元カノにとってはもうあなたは過去の存在となっているので、なんてことのない連絡内容でも意味深に捉えて誤解しないように気をつけましょう。

こっちは復縁したいと思っているのに、元カノにその気がないのに連絡してこられるのはショックかもしれません。

でも、お互い変に意識し合う気まずい間柄より、思い切って友達に戻った方が復縁の確率は上がります。

少しやり取りをしてみて元カノに復縁の気がなさそうに見えても、「わざわざ元カノから連絡をくれた」という事実に自信を持ちましょう。

対処法:元カノと同じように友達として接する

元カノが友達としてあなたに向き合っているのなら、あなたもそのスタンスに合わせて元カノと向き合いましょう。

元カノに復縁する気がないのにあなただけ好きな気持ち全開で接していては復縁は遠ざかってしまいますからね。

今すぐ復縁することはできなくても、まずは友達として信頼関係を作り上げていくことも大事です。

一歩一歩着実に距離を縮めていく中で、少しずつ男性的な魅力を見せていきましょう。

初めてお互いが惹かれあったように、もう一度最初から元カノと恋愛するつもりで臨みましょう。

まとめ

別れたのに連絡を寄越す元カノの理由と対処法をそれぞれ7つご紹介しました。

人の心は目に見えないものなので非常に分かりにくい上に、特に女性の心は複雑にできています。

だからこそ元カノがどうして連絡して来たのか、という真意や対処法には悩んでしまうところですよね。

そんな時はまず思い込みをしないようにしっかり元カノの様子を見つつ、今回ご紹介した理由に当てはめた上でバッチリ対処していきましょう。

【添削】
この記事もとても良い内容に仕上がっています。
クオリティも高く、ほとんど修正する必要はないレベルだと感じました。

上で指摘した「根拠、理由を明確にする」は今後意識して頂きたいポイントです。

また、これは更に上級テクニックになりますが、ストーリーを入れられるようになるとほぼ完璧になります。

「~しましょう」「こんなときはこうしよう」「これはNG」といった記事は、ユーザーから見れば「説教」のように感じてしまい、実はあまり受けが良くないです。
もちろんそれを求めているユーザーもいますし、検索エンジン自体がそうした記事を嫌っているわけではありませんので、その書き方に問題があるわけではありません。

ここからさらに良くするには、「体験」や「ストーリー」を盛り込むことです。
人が感情を揺さぶられ、価値を感じるのはこの2点だからです。

どうやって盛り込むかは前田さんのセンスによりますが、「実際に私はこんな体験をしました」と自身のストーリーを混ぜたり、「私がやってみたらこうなりました」と自分の言葉を使うのも良いかも知れません。

たとえば、ただお金の稼ぎ方や、稼いだ額が載っているブログよりも、まるで小説のようにお金を稼いだ経緯や紆余曲折、苦悩が書かれた記事の方が人を惹きつけます。

単なるキュレーションになるのではなく、キュレーション+ストーリー(筆者のオリジナルの体験)が今後SEOで評価を受ける記事です。
(僕はそう考えています)

これはいきなりできるようになるものではありませんので、今後そんな風に記事を作れるようになってもらえたら嬉しいなと思っています。
ですので、今は意識だけで構いません。

20歳以上の女性は必ずご確認下さい
<只今>無料で復縁診断できます

※20歳以上の女性限定です
※結果はその場でわかります