復縁できた人たちの成功例と、効果がなかった失敗例22選

20歳以上の女性は必ずご確認下さい
<今すぐ>無料であなたの運命を鑑定します

・私の恋愛はどうなるの?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と上手くいくの?


これらの悩みを神言鑑定で解決します。

復縁業界で今注目の神言鑑定で、あなたの恋愛の悩みを最短で叶えるアドバイスをお届けしますので、この機会にぜひご活用ください。
※20歳以上の女性限定です
※結果は24時間以内にわかります

復縁に成功した人たちはどんなことをしてきたのか?失敗したこともあったのか?気になるところですよね。

そこで、復縁することができた人たちの事例をまとめました。

復縁成功者とあなたが100%同じ境遇ではないにしても、人の実例というのは「転ばぬ先の杖」としてとっても役に立ちます。

ぜひ、この記事で紹介する復縁の成功例や失敗例からあなたが復縁につまづかなくて済むような杖を見つけてみてください。

復縁できた人たちの成功例

まずは復縁できた人たちが実際に復縁を叶えたきっかけとなった成功例をご紹介します。

人にはそれぞれ事情や課題があるので、ご紹介する成功例と全く同じように進められない環境の人もいるでしょう。

でも、全く同じ環境でなくても「何が復縁を叶えたきっかけになったのか」を知ることで、あなたと相手の復縁に応用してください。

時間をおいた

「別れてから2年半ぐらい経って復縁した」(20代女性)

「半年くらい連絡しないでいたら、元カノから連絡が来てまた話せるようになった」(20代男性)

時間を置くというのは、しばらく相手と連絡を取らないようにする期間を作ることになります。

古典的ではありますが、素っ気ない相手にあれこれアプローチするよりも楽に気持ちをリセットさせることができる方法です。

相手のあなたに対する怒りの気持ちや「飽きた」という気持ちをあえて「何もしない」ことで和らげるので、相手に負担を掛けずに意識を変えてもらうことができます。

意地でも笑顔でいた

「彼とは地元の友達同士として別れてからも会うことが多くて辛かったけど、傷ついてることをバレたくなくて付き合う前みたいにニコニコ普通でいようと決めた。
そしたら彼の方から「俺のことどう思ってんの?さみしくないの?」なんて聞いてくるようになって、彼に振られたけど彼からより戻そうっていってもらえた」(20代女性)

振った方からすれば、多少なりとも「自分に振られて(あなた)は傷ついてるだろうな」という予想をしています。

笑顔でいるとそんな予想と反対な反応になるので、思わず相手があなたのことを気にかけるようになってしまうのですね。

そばで支えた

「彼女が仕事で落ち込んでいたらできる限り声をかけるようにした」(30代男性)

「定期的に落ち込むメンヘラチックな彼だから、別れてからもたまに「大丈夫?」って声をかけてたら「お前しかいない」って思ってくれたみたい」(10代女性)

精神的に弱っている時に優しくされると、つい甘えたくなってしまうというのが人の本心ですよね。

相手のSNSなどで落ち込んでいると分かるようなら、積極的に声を掛けて相手の信頼と愛情を勝ち取りましょう。

他の異性を見てみる

「正直復縁できる自信がなくて次に行こうと合コンに行きまくった。そしたら逆に「モテたい」欲が出て女性力が上がって元彼が戻って来た(笑)」(20代女性)

自分磨きをすると復縁が叶いやすいというのも有名な話ですが、復縁したい相手のためだけにやっているとモチベーションが続かないこともありますよね。

でも「とにかくモテたいから」といった理由のように、あえて相手のためだけじゃなく自分のために自分磨きをすれば、効果も出やすくモチベーションも維持しやすくなります。

素直に謝った

「元彼との関係に区切りをつけようと謝ったら、お互い言いたいことを言い合えて付き合っている時より良い関係になれた。これがよりを戻せたきっかけだと思う」(20代女性)

「意地を張ってなかなか謝れなかったんだけど、腹をくくって謝ったらやっとLINEを返してもらえるようになった。一度しっかり謝ると相手はそれ以上怒れなくなるみたい」(30代男性)

一度しっかりと謝るとこれまでのお互いの関係に区切りがつき、新しい関係を再スタートさせることができるので復縁が早まるのです。

意地があってそう簡単に謝れなかったり、とにかく「許してもらいたい」の一心で何度も謝罪を繰り返すと、謝罪の意味合いや心の込め具合が薄れていくので、せっかくの謝罪も軽くなってしまいます。

「この謝罪だけで許してもらう!」と思えるようなしっかりをした謝罪ができていない人は、一度しっかり用意して実践してみてはいかがでしょうか。

何をするにも見返りを求めなかった

「元彼にはいつも「どうせ返事ないっしょ」って思いながらLINEを返してたから傷つかなかった」(10代女性)

「ちょっと会社で話せたからってデートに誘ったりできないような消極的な姿勢だったけど、逆に相手に期待しないんで未練がましい態度にならなかった」(20代男性)

復縁したい側としては、例えばLINEを返す、話しかけるといったことにものすごい勇気が必要なので「これだけ頑張ったんだから何かレスポンスが欲しい!」って思いますよね。

でも、実際問題期待通りの反応をしてくれるかというと、なかなかうまくいかないのが復縁の辛いところです。

そこで、初めから何をするにも見返り・期待をしないことで傷つかずにいられるので、とても心が軽くなり、復縁活動がスムーズに進むようになります。

恋愛漫画でモチベーションアップ

「元彼との関係がどんどん悪くなって、せめて二次元の世界では幸せな気分になりたい・・・って恋愛漫画を読むのが日課でした。不思議と読むと「もう少し頑張ろう」って励まされました」(20代女性)

恋愛漫画や恋愛映画などを見てみると「こんな結末になれたら良いな」と夢を持てて自分のモチベーションを上げることができます。

実際の恋は漫画のようにうまくいかないことが多いけど、復縁活動はモチベーションの維持が大事ですし、気分転換に読んでみてはいかがでしょう。

小さなことにも感謝をした

「彼女がLINEを読んでくれたら感謝、返事をくれたら感謝、ブロックしないでいてくれてることにも感謝ってやっていたら、小さなことでも奇跡に思えて穏やかな気分になれた。
この性格の変化が彼女が「より戻しても良い」と思えるきっかけだったみたいです。」(20代男性)

小さなことにも感謝をするようになると、心がすごく豊かになります。

ちょっとしたことでも喜べるようになるのでいつも明るい気分でいられるし、人に優しくなれるので好印象に繋がりやすくなるのですね。

視野を広げた

「なるべくいろんな人の意見を聞くようにして視野を広げたら、彼との価値観の違いにイライラしなくなって衝突がなくなった」(20代女性)

相手との価値観の差があると、復縁したくてもどちらかが我慢をしなければいけないように感じて余計に難易度が上がったように感じますよね。

でも「こんな考えの人もいるんだな」と大きな視野を持つようになると、価値観の違いがあっても相手を尊重できるようになり、相手もあなたにイライラしなくなります。

「価値観の違いで別れた」という人は、まずこうして視野を広げてみるのもオススメです。

恋を忘れようと忙しくした

「とにかく失恋を忘れようと仕事に打ち込んだ。そうしたら彼が「最近頑張ってるね」って連絡をしてきてびっくりした。それがよりを戻せたきっかけだったと思う」(30代女性)

「元彼のことを考えなくて済むようにと始めたヨガで才能開花。元彼が綺麗になったねって言い寄ってくるようになりました」(30代女性)

忙しくすると失恋の辛さを忘れたままいつの間にか時間が経っていて、気づけば相手の気持ちが変化しています。

そんな中で忙しさの中で身につけたスキルがあなたの新しい魅力になり、相手があなたを見直すきっかけになるのですね。

客観的に自分を知る機会を作った

「結婚目前だった元彼と別れてから、寂しくて実家に頼るようになった。
でもその時に「あんたってこういうところがあるから」って親の客観的な意見をたくさん聞けて、すごく参考になった」(40代女性)

自分では当たり前、普通と思っていたようなことでも、人からするとどうしても受け入れられないということってありますよね。

こういった違いは誰にでもあるものですが、大事なのはそんな差を自覚してすれ違いを最小限に減らすことです。

復縁したい相手もあなたのことは客観的な視点で見ているわけですから、人からどう見えるかを学ぶことで相手から見える印象を学び、復縁できるよう自分を成長させていきましょう。

復縁に成功した人たちも経験した失敗例

復縁に成功した人たちも、全く失敗のない完璧なストーリーだけを進んでいたわけではありませんが、やっぱりミスが少ない復縁活動の方がよりを戻せるチャンスは増えます。

そこで、そんなミスをできる限り減らせるようにどんな失敗を経験してきたのかをチェックしておきましょう。

他の人と付き合った

「別れた後すぐ告ってくれた人と付き合ったら元彼に呆れられた・・・」(10代女性)

「彼女作ったら元カノに「ホント軽いね」「誰でも良かったんでしょ」って決めつけられてブロックされた」(20代男性)

失恋したては特に寂しさも強いですが、その寂しさに負けてすぐ別の恋人を作るとかなり悪印象を与えてしまいます。

軽い、本気の恋じゃなかった、誰でも良いなんて勘違いされてしまいやすいので、復縁したい人がいるなら誠実に向き合いましょう。

共通の友達に復縁相談をした

「元カノと共通の女友達に復縁相談したら元カノにこの話が伝わって逃げられた」(20代男性)

共通の友達というのは復縁を手伝ってもらうことができればものすごく心強い存在です。

でも、あなたの意思とは裏腹に秘密の話が相手にバレてしまう可能性もゼロではないので気をつけましょう。

「何が悪かったんだろう?」と過去を掘り返した

「どうしても復縁したくて「何が悪かったの?」って何度か聞いたら「そういうしつこいところだよ!」ってすごく怒られてしまった」(20代女性)

「元カノといい雰囲気の中、ふと「俺たち何が悪かったんだろう」って呟いたら、「いつまで昔のこと引きずってんの」と引かれてしまった」(30代男性)

過去を掘り返してもあまり良いことはありません。

特に「何が悪かったんだろう?」と相手に答えを聞くのは「何も成長してないんだな」と相手をがっかりさせてしまいます。

相手の新しい恋人をこき下ろした

「悔しくって、元彼の新カノをSNSで「ブス」「あんなのどこがいいの」って叩いてたらバレてブロックされた・・・」(10代女性)

「元カノの新しい恋人が大した男に思えなかった。それが態度に出てしまったようで、元カノから直接新しい彼氏自慢をされまくって打ちひしがれた」(20代男性)

相手に新しい恋人ができてしまった場合、嫉妬心や寂しい思いなど複雑な思いが入り混じってしまいますよね。

でも、そんな複雑な気持ちを相手にぶつけても、相手はあなたの気持ちを処理してくれることはありません。

余計なことを言ってしまわないように、自分の心のうちにとどめておきましょう。

体の関係を持った

「元彼と一緒にられるのが嬉しくて、体の関係を持ったらどんどん都合のいい女に・・・。
セックスしたい時だけ呼ばれるような扱いに心身ともにボロボロになりました」(30代女性)

元恋人と体の関係を持って都合のいい関係になってしまうと、ほとんどの確率でそこから恋人関係に発展できません。

本当に相手と幸せになりたい、一緒になりたいと思うのなら、また付き合えるまで体の関係は持たないようにするのがオススメです。

偶然を狙いすぎた

「価値観の違いで別れた彼。価値観が合うことをアピールしようと元彼の趣味や好きなことを「最近私もそれ好きになった」って言い続けてたら「嘘ってわかるしウザイんだけど」って言われてしまった」(30代女性)

「元カノと少しでも話したい一心で、SNSに投稿したタイミングでLINE、元カノの休みの日に家の近くを通るってことを続けていたらストーカー認定されて通報された・・・」(20代男性)

なかなか会えない相手などに対して、偶然を装うというのは決して悪いてではありません。

でも、偶然っていうのはなかなか起きないことだからこそ意味があるものですから、度が過ぎてしまうと相手にも見破られて警戒されてしまいます。

相談・質問をしすぎた

「「復縁したいなら彼を頼ろう!」みたいな話を鵜呑みにして相談しまくってたら、相談そのものが彼の負担になってしまって「もう連絡しないでほしい」と言われてしまった」(20代女性)

「元カノを尊重できる男アピールをしたくて、何度か職場の女性へのアプローチを口実に相談していたら「他に相談できる人いないの?」と突っ込まれた」(30代女性)

相手に相談や質問をするというのは、連絡をしたり話しかける口実として最もよく使われる手です。

でも、どんなにいい復縁テクニックでもやりすぎてしまえば逆効果になってしまいます。

「過ぎたるは猶及ばざるが如し」ですね。

完全に「追う」立場になった

「いつも私から連絡をして、デートに誘い続けていました。元彼からもアクションが欲しかったんだけど、駆け引きができなくてずっとおんなじことの繰り返し・・・。
やがて連絡の返事すらもらえなくなりました。」(20代女性)

恋愛を成功させるためには駆け引きも必要です。

相手からの行動が見られないからと我慢できずにあなたばかり行動を起こしていると、相手は「何もしなくてもあなたが連絡してくれる」「自分は何もしなくていい」とあぐらをかいてしまいます。

メイクやファッションを無理に変えた

「自分磨きをしようと思ってファッションを一新。でも元々自分にはファッションセンスがなかったようで、元カノの好みから大きく外れてしまった」(30代男性)

「元彼の好きな女優をイメージしてイメチェンしたのに「似合ってない」とバッサリ切られて意気消沈・・・、イメチェンが元彼のためだってこともバレて最悪」(20代女性)

別れたあとのイメージチェンジも復縁には効果的ですが、無理な見た目の変化は失敗を招きやすいです。

多くの場合、もともと見た目的にも好みだから相手と付き合えていたはずですよね。

ですからメイクやファッションの極端なアレンジよりも「今の魅力を磨き上げる」ことに注力した方が良いこともあります。

「よりを戻したい」と告白した

「寂しくって思わず「よりを戻したい」って本音を漏らしてしまった。元彼は一言「ごめん」と言ったきり、私をブロックして音信不通になりました・・・」(20代女性)

「「愛を感じられない」と言われて振られたので、積極的に元カノに未練を伝えていたら怒らせてしまった。「今更遅い」って言われても・・・」(20代男性)

相手の気持ちが復縁に向いてないうちに好意を伝えると相手を困らせてしまいます。

いつかはお互いの気持ちを打ち明けるときは来るでしょうが、気が熟すまで未練は隠しておいた方が、相手も気まずい思いをしないのでフレンドリーになってくれますよ。

SNSをブロックした

「振られた彼のフェイスブックやLINEをブロックしてしまった。
いつの間にか彼はフェイスブックを非公開にしてLINEもブロックし返したようで、彼のことが何にもわからなくなってしまった・・・」(30代女性)

別れた恋人の存在そのものがツラくて、名前さえも目に入れたくないと思うとついブロックしたくなると思います。

でも、多くの場合は失敗例のように相手との繋がりがなくなってしまうという結果になりやすく、そこからの挽回がとても大変です。

ブロックする前によく考えたいところですね。

まとめ

復縁成功者が経験してきた成功例、失敗例をご紹介しましたが、いかがでしたか?

復縁成功者とはいえ、成功ばかりではなく何かしらの「失敗」はありました。

ですからもしすでに「失敗例に書かれていること、やっちゃったな」と思うことがあっても、これが復縁成功者の経験したことだということを忘れないでほしいです。

もちろん挽回は簡単ではないかもしれませんが、もし今すでに失敗をしているからと言って諦めず、あなたも成功者側に回れるように参考にしてみてくださいね。

20歳以上の女性は必ずご確認下さい
<今すぐ>無料であなたの運命を鑑定します

・私の恋愛はどうなるの?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と上手くいくの?


これらの悩みを神言鑑定で解決します。

復縁業界で今注目の神言鑑定で、あなたの恋愛の悩みを最短で叶えるアドバイスをお届けしますので、この機会にぜひご活用ください。
※20歳以上の女性限定です
※結果は24時間以内にわかります